カリア・アルタ@アルゼンチン

calia.jpg
飲んだ感想は「続きを読む」からね!

今回のワインは、ボデガス・カリアが手がける
アルゼンチンは、トゥルム・ヴァレーのサン・ファン産2008でーす。
シラーズ70%・マルベック30%となっています。
お味は・・・甘くソフトなタンニンと凝縮感とパワーを感じさせます。
今回は、家ステーキと合わせました。
お安い赤みのステーキと非常によくあいます(笑)
この食べながら飲むと口当たりが変化するのも、テーブルワインとして重要だと思ってます。
アルゼンチンはサン・ファン産ということと、マルベックであるということでチョイスしましたー
とってもおいしく、がぶがぶといただきましたーごちそうさまー
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

いまさらなんですが・・・・ワインは開けたらその日のうちに全部飲んだ方がいいんですか?と言うか飲んでるんですよね?

1miさん!まいどです。
うちには、ワイン保存用の瓶の中を真空にする器具があります。
が・・・しかーし!使ったことがありません。
おわかりのとおり・・・その時に全~部のんじゃいますからぁー(笑)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)