新参者@東野圭吾

sinzanmono.jpg
読んだ感想は「続きを読む」からね!

やっとこ、図書館から借りることができましたー
ドラマ化放映の前に読みたかったのでね。
いやーとってもおもしろかったですよー
読んでいるのに、
頭の中で映像がはっきりと映し出されているような感覚に陥ります。
それも・・・加賀恭一郎=あべちゃん・・・やっぱりね!という感じです。
人の行動や言動とは、なにかの根拠を基に行っているのだということが勉強になりましたわ。
久々にドラマも見てみましょうという気になりましたー
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

恭一郎さん

東野圭吾の小説は「どちらかが彼女を殺した」で
けっこうハマりました。そのシーンがハッキリ目に浮かぶようで
読みやすいし、のめりこみますね。
時々、東野圭吾がスキなのか加賀恭一郎がスキなのか
わからなくなるけど・・^^
新参者、まだ読んでなかった。読んでみたいです。

No title

anegoさん!まいどですー
東野さんの作品は、はまるときはすっごくはまりますよね。
ぜひ!この作品は読んでみてくださいね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)