ザ・ローニング・ストーンズ コート・デュ・ローヌ@フランス ほか1本

rhoningst.jpg
さーワイン特集!五日目です。
今回は、フランスはコート・デュ・ローヌまつりだ!わっしょい!わっしょい!
飲んだ感想とほか1本は「続きを読む」からね!

↑ は、ローヌ地方の石が葡萄づくりに素晴らしい影響があることから
この名前がつけられました。
品種は、グルナッシュ60% シラー30% ムールヴェドル10%です。
苺の香りとスパイシーさのバランスが絶妙な、
まろやかなタンニンのおいしいワインとなっています。

さてお次は
cotes-du-rhone.jpg
トマバッソ コート・デュ・ローヌ@フランスですー
こちらの品種も、グルナッシュ シラー ムールヴェドルとなってます。
濃い紫色は、煮詰めた苺ジャムのように甘く、かつ、スパイシーな香りで
タンンンは強くなく、まろやかで喉越しスムーズな美味しいワインです。

どちらもおいしくいただきましたーごちそうさまー
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)